技術資料
海外ご注文発送対応
後付ホールダウン防止金物 オールステンレス製品 金物引張最大耐荷重力性能「71.5KN」 制震構造【特許】 前後Free二軸回転プレート構造【特許】 製造品質保証7年 

 

 

きょうきゅうじっせき17ねん

 

製品名:Λ
< ラムダ  Lambda >

■ グッドデザイン賞・ノミネート製品 

  

建物取付例
建物取付例ページへ

スチールタイプ

最大引張耐荷重力数値
SS-B76.7KN

拡大表示

ステンレスタイプ

最大引張耐荷重力数値
SUS304/HL
71.5KN

  「特許」 第3490076号 二軸可変プレート段差調整構造
       「簡単・早い施工を実現」

  「特許」 第4285703号 衝撃力吸収緩和構造
       「制震構造5箇所」「ボルトせん断回避」

       金物本体・ステンレス・カバー
       「EVAシート 5倍 採用」
       風雨侵入防止・異音発生防止
       壁面 柱面 完全密閉保護仕様

 

資料

 

.ラムダ施工説明書 試験成績書 特許資料 JPG画像

使用工具・道具参考資料 JPG画像 ラムダ施工動画 施工例現場写真 JPG画像  
ラムダ施工説明書 PDF資料 ラムダ壁取付寸法図 拡大 JPG画像 AXX700施工動画 ラムダカタログ PDF資料  

 

 

 Synapse Power Control System.

直下型地震に強い制震構造

コーチボルト軸部全てに、衝撃力を吸収するNR硬質ゴムを採用。

急激な破壊力がボルト軸に加わっても、引抜かれたり、せん断されることが有りません。

また、そのままの破壊力を直接伝えないことで、補強部のダメージを最少限度に抑えます。

この制震構造の働きで、金物限界性能を超える補強効果をもたらします。

 

固定耐力仕様です。

固定耐力をつくる大ワッシャーを独自に製作し、制震構造部格納と兼用で採用しています。

4mm厚の55Wが金物本体を広い面で強力に抑え込みます。

初期直下衝撃力に耐えた後、制震構造に引き継ぎます。

 

 
■制震構造を構成する固定耐力仕様
 Synapse Power Control System.
硬く強固な金属の弱点「剪断破壊」

耐震金物本体と固定ボルト軸が衝撃力で互にに強くぶつかり合うことで発生する「剪断力」は、

ボルト頭部破断を招き、瞬時に耐震金物の補強効果を奪います。

「アクサ・サイクル」はそれらの原因となる衝撃波を瞬時に緩和することでボルト軸の破壊を回避できる仕組みを特許化しました。

原因となる「断切る力」を、ボルト軸だけではなく、取付けられた金物と接する個所全てに加わる破壊力

を瞬時に弱め、各箇所の持つ限界耐力をバランスよくコントロールすることで、粘り強い補強効果、持続性

を発揮します。

緩和材にはNR弾性部材・天然ゴム」を採用。
 機械的強度と
伸縮性に優れており、主にトラックタイヤの素材として使用されている材質です。

 

●耐震補強効果を最大限に生かす仕組。
●限界耐力と補強効果を引上げる「特許」衝撃力緩和システム。

優れた制震構造を図解でご覧下さい。  サイクル構造解説図
1.構造図解説明
2.補強効果説明図

制震構造部材の造り詳細 <イメージ拡大>
一般仕様ワッシャーと異なる「シナプス独自の部材仕様」大径と特厚を採用し、金物本体面を広く捕

えながら強い締付力を伝えます。

また、同時に制震構造内にNRゴムを確実に密封し、長期間の劣化防止と最大限の衝撃力緩和性能

をつくり出します。

●広い面と厚みを持つワッシャーを採用し、耐震金物本体を強固に固定します。

固定部材図解。  取付部材使用解説図
3.ボルト固定耐力 性能図解
4.ボルト固定耐力 性能図解
■強固な固定耐力を生出す、シナプス独自の取付ボルト部材仕様。


ずれにくい!!
シナプス取付部材

固定接地面が広い!


ずれやすい!!
標準取付部材


固定設置面少ない!

 

]

簡単に 早く そして確実に取付られる前後フリープレート
■衝撃力を確実に緩和させる。      ●制震サイクル構造  [ 特許 衝撃力緩和構造 5か所採用 第4285703号 ]
 Synapse Impulse force Control.
「特許」制震サイクル構造固定
通常コーチボルト固定
■「PAT.」制震サイクル構造。                    
断然優位な固定手段。衝撃力吸収緩和構造を備えています。
一瞬に加わる強烈な破壊力に大外径55mmワッシャーが強い締付固定力で耐え、次に伝えられたボルト軸への破壊力を制震構造内格納の「NR制震ゴム」が吸収、
緩和させ粘り強く 補強効果を推移させます。※「NR硬質ゴム」は機械的強度と伸縮性、衝撃力に優れた緩和性を発揮します。

■強い金物固定耐力。                       
制震システムパーツは固定力にも優れた仕様構成です。
一般金物取付部材と比べ約5倍以上の広い設置面を持ち、強く安定した固定力を発揮します。また、外径55mmワッシャーはNRゴム劣化防止も兼ね、長期間変わ
らない制震性能を 維持し続けます。ボルト剪断最大荷重が加わった場合にでも、強い固定力を発揮し破断に至る可能性を減少させます。


■建物内への風雨侵入をシャットアウト。               
金物背面には凹凸密着性に優れたEVA素材、5倍発泡ウレタンシートが貼付けられています。金物と壁を確実に密着固定させ、同時に取付ボルト軸周囲と壁面下
穴加工部全体を完全 に密閉し、外部からの風雨侵入を確実にシャットアウトします。地震時の揺れにも可能な限り一体化状態を保ち続けます。

限られた密閉構造内のNRゴムがボルト軸を受け、急激に加わる強い衝撃力を回避します。

一カ所に集中しないため、補強部全体耐力を活かした粘りある補強効果を発揮します。
直下型地震時に起きる柱の引抜きは、一瞬の地盤の上下隆起に基礎固定
された金物が、下部 へ移動することで発生します。その時、柱を引抜きから守る金物は固定ボルト軸と接触し剪断力が発生、頭部破断やボルト引抜き、柱や基礎
を破壊し補強効果を失います。最悪の場合、 建物倒壊の要因にもなります。

金物とボルト軸がすぐにぶつかり合い、強い剪断力を発生させるため、基礎・木部ボルトの破断や柱木部・補強部の破壊が起きます。

金物や補強部の限界耐力内の補強効果となります。
■金物本体と補強個所を保護するための造り
■防水・防異音設計のステンレスカバー (OP)
 Stainless steel cover.

 

●ステンレス ヘアラインカバー (OP) 防風雨・異音発生防止設計
ステンレスカバーはヘアライン調の美しい表面仕上です。

●単に金物を隠し、保護する為だけのステンレスカバーとは全く異なる設計基準。
保護カバーに求められる、多くの理想を追求しました。

●ボルト軸周囲にEVAシートが密着し、建物内への風雨侵入を確実に防ぎます。
EVAシートは壁に開けられた金物取付ボルト穴密閉と制震効果もサポートしています。

 

AXX-700「アクサ」 Λ「ラムダ」 に採用
雨や風の進入、金物とカバーの振動音を防止。
EVA発泡ウレタンを採用し、左・右・上からの完全防水性を実現しました。
金物固定でEVA幅が増し、カバーとEVAが確に密着しながらスライド装着されます。

 

EVA発泡ウレタン引張、潰れに強い 点荷重に強くそれぞれの凹凸に対応して密着します。 水分を吸収しない、紫外線、-50度にも強い

荷重に強く 夫々の凹凸に対応し密着します。

簡単にちぎれない 潰れても復元する

水分をはじき吸い込まない

外壁取付穴からの風雨侵入を防止し 建物内・外を仕切ります。

 

 

様々な基礎スタイルに対応可
変形取付形状図
取付変形スタイル
ステンカバー取付状態 

 ラムダ 取付寸法図

1.必要 基礎高さと最少高さ(※壁の出に左右されます。)

2.土台と柱部に使用する金物の寸法

3.カバー取付時に必要な上部余地・高さ

※右図寸法は図面上の数字になります。
実際に取付ける際は、表記寸法に余裕をプラスしてご検討ください。

ラムダ壁取付寸法図 拡大 JPG画像

.ラムダ取付寸法図 使用ドリル下穴表 工具道具

ラムダ施工説明書 PDF資料

衝撃吸収構造  [制震サイクル・ホール] 「特許」 補強部の全てがバランスよく負担し合うことで実現する粘り強い柱引抜け防止効果。
 <補強柱への金物固定力強化ワッシャー部材。柱耐力を保持するボルトサイズと間隔。ボルト軸に加わる金物本体からの衝撃力、剪断力を回避する。>

≫吸収動作≪

カット側面図

≫衝撃力緩和動作≪

柱上下引抜動作

取付ボルト軸部への剪断力緩和システム
強固な金物ほど取付部材に強い破壊力が加わります。
高耐力金物を活かす必要不可欠な構造、確実に剪断緩和効果を発揮する「密閉式 衝撃吸収構造」をボルト軸部5箇所に備えています。
柱材への衝撃・破壊力緩和
衝撃力は弱材・耐力のないものから破壊していく為、高耐力金物を活かしきることが出来ません。
部材中心にあるサイクルホールは、破壊力を吸収、緩和し、素材耐力と耐震補強効果を最大限に引出します。
衝撃力に効く「制震ホール5箇所」配置
地震時に起きる建築金物と補強部への強い衝撃力、強固な接合金物ほど強い破壊力を受け、取付けボルトや柱材を破壊します。
その衝撃力を緩和させる方法として、シナプス独自の平面構造制震システム「平円サイクル吸収構造」「特許」を採用しています。
固定ボルトを直接守ることで固定部周囲全体への破壊力を緩和させます。
固定ボルトに加わる剪断力を緩和させることは、補強金物と柱材に致命的な破壊力を伝えません。
制震効果と衝撃力吸収効果、理想的な形と制震構造を構成します。   ※右写真参考→
優れた緩和材「NRゴム」で構成された完全密閉式制震システム
衝撃力iに強く、高反発力を持つ緩和材「NRゴム」をボルト軸部5箇所に採用。急激で大きな衝撃力を緩和させます。
また、緩和材を格納する制震構造は、緩和材の劣化防止と長期効果持続の為の密閉構造式になっています。
密閉には機密性と固定耐力の二つを兼ね揃えた、板厚4M、大外径55mmの平ワッシャーを採用。
金物本体の固定も広く大きな外径面で強固に固定します。また、衝撃時には柱材と共に上下し、金物本体と一体化を保つ「柱金物」としての役割も持っています。
制震構造は、金物本体を固定しているワッシャーの<面>固定力限界時に起きる「ズレ」の発生時より制震効果を発揮します。
「金物と材」 互いに破壊し合う「力」をバランス良く緩和しながら、ねばり強い柱補強効果を生み出します。
ラムダ本体背面には、壁と金物背面を完全に密着させる為の保護シート<EVA>5倍発砲ウレタンが付属しています。
ゴム製シートの密着性とは比較にならない素材で、柔軟性と復元性を持ち凹凸面全体に確実に密着します。紫外線、外部環境に優れた高耐久性素材です。
●優れた制震構造を図解でご覧下さい。    ●≫サイクル構造解説図
■「特許」制震サイクル構造カット詳細図
★ 最小限のダメージと剪断・破断動作に強い!!
「特許」制震サイクル構造で固定
通常コーチボルトセットで固定
壁と基礎の段差にフリー調整構造
前後に動き変形する基礎プレート!!
即効施工の決め手、可変形金物。
ラムダ本体を建物にあてがい取付けるだけの簡単取付。
壁と基礎の段差解消に、前後に基礎プレートを調整するだけの簡単合わせです。
特許登録済  いち早く特許を申請し、製品実用化に向け開発・完成された、理想の補強スタイルと高耐力を持っています。
更に、高デザインも備え、これからの新しい形状、耐震補強のための制震金物です。
簡単・確実・安心設計
これからの新しい耐震金物補強のスタイル!! 
住宅の外壁と基礎の段差ラインに変形しながら耐震金物がフィットし取付けられます。
より簡単になった柱引抜け防止補強!!
柱・土台・基礎に耐震金物の取付ボルト穴を加工するだけで、簡単に確実に取付る事が出来ます。
デザイン・性能・施工性の満足を提供!!
用途を果すだけの無骨な補強金物とは全く異なり、建物に頼れる耐震補強力、優しいデザイン、
即効施工を提供します。
耐力に余裕のある 取付部材セット!!
耐震金物の本体耐力、約7.0トン以上の基礎固定ボルトをセットしています。
★付属アンカーボルト・セット耐力 *合計約9.9トン(9.960kgf×4本セットの剪断耐力数値)
※ボルトメーカーにより若干、耐力数値が前後します。


「誰」にでも取付が「簡単」で「確実」
道具・工具の使用経験が有れば 「誰にでも 簡単で確実な取付」 が即日実現できる設計と仕様になっています。
・優れた耐震金物でも複雑な組立てや難しい取付を要求される仕様では、本来の性能を確実に発揮させる取付工事ができません。
・シナプスの耐震金物開発と設計の基本は、最終的な確実施行を実現できるセットを構成させることです。
・初めて道具を使う人でも、取付説明書に沿った基本的な知識だけで、柱引抜防止対策が確実に実現できます。
・また、実際に取付けるときの疑問は、シナプスの取付サポートを受けながら進めていく事で解決できます。
(電話・FAX・他 を使用)
・近県であればシナプスが現場サポートに伺います。<施工指導 TEL・FAX・現場徹底対応※地域制限有・その他諸条件有>
Lambda 施工例

耐震金物 施工動画公開中!!

 

synapsejp.com/ラムダ施工

 https://www.youtube.com/

●写真ご協力 D.K.,CO. / EN.,CO. 2013.04

資料館

■ 施工Hoshosho

 

ラムダの二軸構造には精密に加工されたパーツと高度な溶接加工技術が採用され製作されています。

溶接後の耐力増強を加味して設計された各パーツは、精密加工機械で忠実に造られます。
精密加工パーツ 耐力増強設計 正確な回転軸加工  
繊細で精密な溶接行程 精密加工機械で造るパーツ設計 細部まで精密に設計された製品 安易な設計製作品例

 

≫≫≫ 耐震補強金物の 「新基準」 ≫≫≫≫≫≫
IFreedom ....... 自由に

t is early ..... 早く

Easiness ....... 簡単に

PDFカタログはこちらから。

形状・仕様は性能向上目的で変更されています。

現在の仕様ご確認には最新の資料をご確認ください。

イメージ拡大 ●各箇所の説明図 2013年現在の形状と仕様で現在の形状とは異なります。

ラムダ 耐震補強金物  引張最大耐荷重力数値  (SUS304/HL 71.5KN) (SS-B 76.7KN )
(※追加強化加工と制震構造5箇所により、試験結果を上回る耐力数値が期待できます。)
■ ラムダ New Style !! 
■仕様表 (2013年現在の形状と仕様です。)
■製品寸法 (拡大表示)
組立・取付 全パーツ
●オプション・ステンレスカバー
ラムダSUS304HL
製品種
・オールステンレス(SUS304/HL)
(表面・ヘアライン仕上げ)
用 途
・柱材引抜け防止/外壁用/内柱材取付(壁内柱)
金物特徴
・衝撃力緩和構造5箇所
・凹凸面 変形取付構造
・EVA防水/防音/密着マット付
付属品
・取付部材一式付属  9,960Kgf(基礎)仕様
品質保証
・5年〜8年保証
※製品仕様と品種による
ラムダSS-B
製品種
・スチール(SS-B)
(表面・カチオン電着/黒仕上げ)
用 途
・柱材引抜け防止/外壁用/内柱材取付(壁内柱)
金物特徴
・衝撃力緩和構造5箇所
・凹凸面 変形取付構造
・EVA防水/防音/密着マット付
付属品
・取付部材一式付属  9,960Kgf(基礎)仕様
品質保証
・5年〜8年保証
※製品仕様と品種による
*Long termcorrespondence

錆に強い表面処理<カチオン電着>を採用。

野外使用に強い表面処理。 

錆に強く、硬い表面保護 <カチオン電着> を採用しています。

●Option (オプション)
1.ステンレス カバー
ステンレス(SUS304/HL) (表面・ヘアライン調 仕上)
  •  性能証明書資料ご希望の方 PDF資料ご請求でダウンロードできます。

  • AXX700S05seinou2018 (1)

    製品および固定ボルト部材性能数値に関するご注意事項。

  • 下記表のボルト耐力数値はシナプスが採用する部材製品で性能証明書付の結果数値に基づき、シナプス基準に合わせて算出された数値であり、

  • シナプス製品のみに使用した場合を対象としたボルト及び金物耐力数値になります。

  • よって、他に販売されているボルト部材に当てはめることは一切できず対象外となります。

  • また、シナプス製品に、指定外のボルト部材を使用した場合のカタログ性能数値は保証されませんのでご注意ください。

類似品にご注意ください。

ラムダ「柱補強用金物」 は 「特許」 ★登録済製品です。特許2003−129573 「特許 第3490076号」   ●前後に動く二軸以上の建築金物はシナプス所有の「特許」です。

◇※特許侵害商品・類似品<前後に動く耐震金物>のご購入にご注意下さい※
「類似製品!」とは?。
他人の「重要な発明の一部」を使って、全体の形や部品種、形状を変え、見た目の製品イメージを大きく「変更」し販売している「改造製品」の事です。
正規の特許製品と比べ、見た目に大きな差があるため、「特許違反商品」と気づかず購入してしまうことがあります。
軸2箇所以上」で「前後に自由に動く金物」をご購入する際は、シナプスまで一度ご相談下さい。
特許に違反している製品でも「実用新案登録」で「登録証書」を取得することが可能です。
「特許」と異なり「実用新案登録」は類似特許調査をせず登録される為です。
先行特許登録されている事実が判明した場合、「実用新案登録」は無効となり製造から販売までを中止しなければなりません。
「特許は優れている」というイメージを利用し、販売を有利に進める目的で、取得しやすい実用新案登録や取得不可能な特許申請中などの表記を行っている場合が有ります。特許製品ご購入時には十分な注意と確認が必要です。

■特許を侵害する加工箇所・形状

前・後に動く 「二箇所以上の回転軸」 を備えた建築金物・柱補強金物 は、「当社特許に抵触する商品」です。

物全体の「大・小」や「金物形状・部材構成」そして「全体の形と構造」に関係なく、 また、違っているように見え、思える金物でも「二箇所の回転軸」 以上の 「蝶番構造」 がある全ての「建築用補強金物」が 「ラムダ」特許に抵触する可能性を持っています。
[建築用補強金物]でラムダに似た構造の商品にご注意ください。
■類似品の金物耐力は、カタログ表記以下の性能であったり部材選択などに疑問があります。 加工技術が必要な製品です。
形を真似る製作はできますが、補強性能までも真似ることは非常に難しい加工製品です。

ご注意ください。 現在、他社へのラムダ特許の貸出は有りません。

★基礎取付部の構造が、「前後自由に」動く造りです★

軸」を二カ所以上使用した金物が対象になります。

●≫イメージ拡大

製品耐力について 

※補強力は、耐震金物本体の引張耐荷重力試験結果数値です。

※金物に加わる初期破壊力は、制震緩和構造に加わるP波「直下型地震力」の限界後になります。

取付箇所条件、施工方法により実際の補強力が異なってきます。

取付壁面・柱・土台・基礎面には必ず最良の条件を確保し、耐震補強工事・耐震金物施工等を行って下さい。


製品の取扱いと取付時の注意事項

※固定力が著しく損われていると思われる木材・コンクリート・その他材質箇所への耐震金物の取付は必ず柱補強に必要な改修工事を確実に行った後に耐震金物を取付けて下さい。

※付属部材以外の部材使用は、本来の補強性能を損なう可能性があります。

※補強金物本体を、本来の目的以外に使用しないで下さい。

※金物の一部を使用した使い方は行わないで下さい。

※施工書に基づいた耐震金物の取付と注意事項を厳守して下さい。

 

synapse.international.company.

●住宅耐震補強に確かな効果と期待を提供します。地震に強い家をつくる為の耐震金物 地震時の強烈な揺れに対応する「特許」制震構造金物。

●掲載製品は、全種シナプス・インターナショナル オリジナル「特許製品」です。

■シナプス・インターナショナルCOMPANY.オリジナル・特許耐震金物・耐震補強金物シリーズ  <住宅補強金物/建築金物/建築資材> <設計/製造/販売>

■耐震金物 建築金物 ご希望・お問合せは、こちらをご利用下さい。

         

※各サイト内のコンテンツは、予告なしに改変または削除することがあります。

copyright @2013 synapse.international.Company. all rights reserved.